身近なかかりつけ医を持ちましょう|栗東市で内科をお探しの方は、『あらき内科クリニック』にご相談ください。

あらき内科クリニック

0775534447

診療時間 9:00~12:00 / 16:00~19:00
休診日 木曜・土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ

コラム

身近なかかりつけ医を持ちましょう

コラム

2018年9月1日発行の広報りっとう様にインタビュー記事が掲載されました。

 

「かかりつけ医」とは、健康に関する事を何でも相談できる、身近にいて頼りになる医師の事です。高齢になると、自由に動けなくなったり、車に乗れなくなり、交通手段がなくなる可能性があります。かかりつけ医である医院や診療所が自宅から徒歩やバス1本で行けるような近い場所にあれば、自分で通院できます。気軽に行くことができるため、「家族に迷惑をかけたくない」という患者さんの心理的な負担軽減にもなります。

病院もありますが・・・

在宅医療の良さは、住み慣れた家で通常の生活をしながら療養できることにあります。その人の生活環境や介護状況などに合わせた医療を行うことが出来ます。家族も自宅で介護する事が可能です。


普段診てもらっている近くのかかりつけ医の先生だからこそ、小さな大量の変化に気づいてもらう事ができます。必要な時は専門的な治療ができる病院を紹介してくれます。


体調、生活習慣、病歴などを把握し、関係が築かれているため、かかりつけ医は定期的な訪問診療も可能ですが、病院で訪問診療をしてもらうことは難しいです。


 


医療機関の連携はできているのでしょうか?

連携はできていますので安心してください。病院にかかる時、「症状が悪くなった時、初めて診てもらうのは不安」と感じている皆さんも多いかと思いますが、地域の医療機関と病院は患者さんの情報を共有しています。


そのひとつに滋賀県全域を対象とした「びわ湖あさがおネット※」があります、本人の同意のもとで、診察情報や在宅療養支援情報を関係機関で安全に共有できる仕組みです。医療機関同士だけでなく地域包括支援センター、訪問看護ステーション、調剤薬局などの機関とも情報共有しています。


まずは普段のかかりつけ医を受診しましょう。


まとめ

在宅医療には訪問看護が重要な役割を果たします。市内には5か所の訪問看護ステーションがあり、緊急時には365日24時間の対応が可能で、在宅医療を支える頼もしい存在です。


身近に信頼できるかかりつけ医を持ち、家族間の信頼関係と共通理解を深めておきましょう。